「統計調査員」とは

統計は、「揺れる社会の揺るがぬ指標」といわれています。統計調査員は、その揺るがぬ指標を作るために、国が行う統計調査(国勢調査、経済センサスなど)の第一線で調査票の配布・回収などに活躍していただく方です。

具体的には、調査対象である世帯や事業所などに、 調査票を配布するとともに、調査票に正しく記入していただけるよう、統計調査の趣旨や内容などについて説明を行うとともに、 記入された調査票の回収し、その点検・整理などの仕事を行っています。

統計調査の項目には他人に知られたくない事項も含まれていますので、調査対象から正しい内容を申告していただくため、 統計調査員は、統計法で秘密の保護が義務づけられており(守秘義務)、秘密を漏えいした場合などには、罰則が適用されることとなっています。

 

統計調査員の仕事

統計調査員の仕事は調査の種類により異なりますが、おおむね下記のような流れになっています。

1.調査員説明会への出席
2.調査担当区域の確認
3.調査対象への調査票の配布
4.記入された調査票の回収
5.調査票の点検・整理
6.調査票の提出

統計調査員の身分

統計調査員は、総務大臣等や都道府県知事から、統計調査の都度任命される公務員です。

任命期間中は、国・都道府県・市町村に勤務する職員と同様に公務員の身分を有しますが、その業務が一時的なものであるため、非常勤の国家公務員又は地方公務員とされています。
なお、職務の特殊性から、一般の公務員とは異なった取扱いがされており、例えば、営利事業の従事制限はありません。

統計調査員の報酬

統計調査員には、調査活動に従事した対価として、法律や条例の規定に基づき、報酬が支払われます。
報酬額は、統計調査の種類や調査活動にかかる日数などを考慮して定められています。

統計調査員の災害補償

統計調査員は、非常勤の公務員ですから、調査活動中(任命期間中)に災害(交通事故など)にあった場合には、一般の公務員と同様に、法律や条例の規定に基づいて、公務災害補償が適用されます。

統計調査員の表彰

特に功績の顕著な統計調査員に対しては、叙勲や藍綬褒章が贈られているほか、総務大臣、農林水産大臣、経済産業大臣など各統計調査の実施者から、それぞれの統計調査について功績のあった者に対して、表彰が行われます。
また、これとは別に、県知事や市長・統計協議会長等からの表彰も行われています。

相馬市統計調査員協議会

相馬市では、統計調査員の親睦及びその能力の向上を図ることをもって統計調査の円滑な遂行を期することを目的とし、相馬市統計調査員協議会(事務局 相馬市企画政策課)を置いています。
この会では、総会時の研修のほか、近隣の市町村等において各種研修会を行っています。

 

統計調査員の募集

市では、統計調査員として、統計に関して理解と熱意を持って、国が実施する統計調査の業務に従事してくださる方を広く募集しています。

統計調査員の仕事を希望される方には、相馬市統計調査員協議会に入会していただく方法を採っています。

市では、入会に当たって、統計調査員の仕事を希望される方に対して、面接を行い、統計調査の業務に従事できる期間や時期、希望する区域などをお聞きしています。(統計調査員の仕事を希望して登録された方を「登録調査員」 といいます。)

現在、登録調査員には、統計調査員や統計調査員経験者などから推薦をいただいた方がおられます。

登録調査員は、統計調査が実施されるごとに、国又は都道府県から統計調査員として任命され、調査票の配布、 回収や回収した調査票の点検、整理などの業務に従事していただくことになります。

上記の登録調査員を含め、統計調査員の募集について関心をお持ちの方は、企画政策課情報統計係までお問い合わせください。

問い合わせ先

企画政策課 情報統計係(電話0244-37-2218)

前のページへ戻る

ホーム > 「統計調査員」とは