その他の市税

市たばこ税

市たばこ税は、卸売販売業者等(製造たばこの製造者、特定販売業者、または卸売販売業者)が小売り販売業者に売り渡す製造たばこに対して課税されます。

納税義務者

製造たばこの製造者、特定販売業者、または卸売販売業者
たばこの定価の中には、市たばこ税が含まれていますので、実際は購入者が税金を負担しています。

課税標準と税率

小売販売業者に売り渡したたばこの合計本数×税率=税額
税率は、製造たばこ等は1,000本につき5,262円
(ただし、旧3級品の紙巻きたばこ(エコー・わかば・ゴールデンバット・しんせい等)は、1,000本につき2,925円)

申告と納税の方法

卸売販売業者等が、毎月計算した税額を翌月末日までに申告し、納めることになっています。

鉱産税

鉱産税は、鉱物(鉱業法第3条に定める「鉱物」)の採掘の事業に対して、採掘した鉱物の価格を課税標準として課税されます。

鉱産税を納める人は、鉱物の採掘の事業を行う鉱業者です。

※鉱業者とは、鉱業法上の鉱業権を持っている者のほか、租鉱権により他人の鉱区において鉱業権の目的となっている鉱物を採掘する者も含まれます。

税率など

税率は100分の1ですが、毎月1日から月末までの間に採掘された鉱物の価格が、その作業場所所在の市町村ごとに200万円以下である場合は、100分の0.7となります。

税額は,鉱産の販売価格に税率を乗じて算出します。
鉱産の販売価格×税率=税額

入湯税

入湯税は、鉱泉浴場での入浴行為に対して課税されます。
日帰り入浴であって、入湯にかかる料金が1,000円(消費税及び地方消費税を除く)以下の場合は課税されません。

税率など

税率は、一人1日につき150円です。

入湯税は、特別徴収によって納付されます。入浴客の方から、温泉、鉱泉浴場の経営者が特別徴収義務者となって、入浴客の方から入湯税を徴収し、とりまとめの上、市に納付します。

入湯税の使途

入湯税は、環境衛生施設その他観光施設、消防施設その他消防活動に必要な施設の整備及び観光の振興に要する費用にあてるための目的税です。

お問い合わせ

総務部税務課

  • 市民税係(電話0244-37-2127)

前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 税金 > その他の市税