家屋を取り壊したときや相続などお届けください


固定資産税の適正な課税に必要なため、家屋を取り壊したときや、相続などがあったときには、市への届出をお願いします。

1 家屋の滅失

建物(居宅、事務所、物置など)を取り壊した場合

2 家屋の相続など

相続や贈与などにより所有権移転があった場合

ただし、法務局に登記されている家屋などで、変更に関する登記が済んでいる場合や、すでに市へ届出がされている場合には、届出の必要はありません。
また、建物の新築や増築をした場合は連絡をお願いします。
この場合、市で既に家屋調査をしたものについては、連絡の必要はありません。

お問い合わせ

税務課固定資産税係(電話37-2128)


下水道のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 税金 > 家屋を取り壊したときや相続などお届けください