給与所得者の個人住民税特別徴収

給与所得者の個人住民税(個人市民税と個人県民税)は、法令により事業者が給与から差引き(特別徴収)して、給与所得者に代わって市に納税することになっています。
県内全市町村では、個人住民税の特別徴収の徹底に取り組んでおり、相馬市では平成29年度から特別徴収義務者の一斉指定を実施します。
すべての従業員から特別徴収を行っていない企業または事業所では、特別徴収への切替をお願いします。

●福島県ホームページ 「個人住民税における特別徴収義務者の一斉指定について」 >>

●一斉指定のお知らせ(PDF 236KB) >>

事業主の皆様へ

所得税は源泉徴収しているけれど、個人住民税は特別徴収していないということはありませんか?原則として、パート、アルバイトを含むすべての従業員から特別徴収をする必要があります。税額の計算は税務課で行いますので、所得税のように税額の計算をする手間はかかりません。

● 事業主のみなさん 個人住民税は特別徴収で納めましょう(PDF 13.12MB) >>

特徴パンフ

 

 

従業員の皆様へのメリット

納税の手間が省けます。

普通徴収(納付書又は口座引落で納付する方法)のように従業員の方が金融機関へ納税に出向く手間を省くことができます。

1回あたりの負担が軽くなります

年税額は変わりませんが、普通徴収が原則4回払いなのに対して、12回払いになるので、1回あたりの支払額が少なくなります。

 

特別徴収対象者異動届出書

従業員に就職や退職、転勤等の異動が生じた場合は、異動届出書を提出していただきます。

●給与所得者異動届出書 PDF版(228KB) >>

●給与所得者異動届出書 Excel版(45KB) >>

 

特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書

所在地や名称に変更が生じた場合は、変更届出書を提出していただきます。

●特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書 PDF版(96KB) >>

●特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書 Excel版(16KB) >>

 

特別徴収税額の納期の特例に関する申請書

納期の特例を希望の場合は、申請書を提出していただきます。

●納期の特例とは? (PDF71KB) >>

●納期の特例に関する申請書 (PDF109KB) >>
 ・申請書の記載例 (PDF129KB) >>

●納期の特例の要件を欠いた場合の届出書 (PDF84KB) >>
 ・届出書の記載例 (PDF108KB) >>

 

個人住民税「特別徴収」に係るQ&A

特別徴収についてよくある質問にお答えします。

個人住民税「特別徴収」に係るQ&A (PDF124KB) >>

 

お問い合わせ

総務部税務課 市民税係 電話37-2127


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 税金 > 給与所得者の個人住民税特別徴収について