農業所得の申告

農業所得の申告は収支計算方式で行います。収支計算方式は、記帳にもとづいて農業の収入から農業の必要経費、専従者控除を差し引いて農業の所得を求めます。収入より経費が多く、農業の所得金額がマイナス(赤字)になることもあります。

計算方法

収入となるもの

お米や野菜などを販売して得た代金、農作物の家事消費分をお金に換算した収入、雑収入(農業についての補助金など)など

必要経費となるもの

種苗費・肥料費・農薬・農具・作業用衣類などの代金、小作料などの農地借料、農業用として使用した光熱費・租税公課・減価償却資産・農業共済掛金・土地改良費など

※租税公課や動力光熱費など、家事用と農業用が共有して使われているものは、利用割合で按分して使用量(金額)を算出してください。

収支計算の手順

1. 取引の書類(出荷伝票、領収書など)を保存する。

2. ノートなど(はじめよう!収支計算)に集計する

3. 1年間の合計をまとめる

4. 収支内訳表を作成する

農業所得の計算

○白色申告の場合
収入金額−必要経費−事業専従者控除額=農業所得

○青色申告の場合
収入金額−必要経費−青色事業専従者控除額−青色申告特別控除額=農業所得

青色申告のお勧め

収支計算で申告をされる方は、各種の特典が利用できる青色申告をお勧めします。青色申告をされる方は、青色申告しようとする年の3月15日(休日のときは翌月曜日)までに「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出してください。

青色申告の主な特典

青色申告特別控除―記帳することによって一定の控除を受けることができます。

青色事業専従者給与―家族従業員に支払った給与も、必要経費とすることができます。

純損失の繰越控除―事業(農業)所得などに損失が発生したときは、翌年度以降3年間繰り越して損失額を差し引くことができます。

収支内訳書(農業所得用)について

市ウェブサイトの申請書ダウンロードコーナーから、収支内訳書(農業所得用)をダウンロードすることができますのでご活用下さい。

申請書ダウンロードコーナーはこちらから>>

国税庁のウェブサイトからも確定申告などの各種様式をダウンロードできます。

●国税庁の確定申告等様式コーナー
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/01.htm

お問い合わせ先

住民税について

市税務課市民税係 電話37-2127

所得税について

相馬税務署 電話36-3111


下水道のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 税金 > 農業所得の申告