使い捨てライター等はガス抜きをしてから捨てましょう

ガスの抜き方

1.風通しが良く、周囲に火の気がないことを確認する。

2.操作レバーを押し下げる。着火した場合にはすぐに吹き消す。

3.輪ゴムや粘着力の強いテープで、操作レバーを押し下げたまま固定する。

4.「シュー」という音が聞こえれば、ガスが抜けている状態です。
(聞こえない場合には、炎調整レバーをプラス方向にいっぱいに動かす)

5.この状態のまま、風通しがよく火の気がない屋外に半日から1日放置する。

6.確認のため着火操作をする。火が着かなければ、ガス抜き完了。

7.ガス抜きの完了したライターは、「燃やさないごみ」として捨ててください。

※操作レバーが壊れていて、上記方法でガス抜きを行えない場合は、屋外にて、十分に濡らしたタオル等で包んでトンカチなどで叩いて割り、中のガスをタオル等に染み込ませる形でガスを抜いてください。

※ガスを染み込ませたタオル等は、「燃やすごみ」として捨ててください。

ライターの処理

お問い合わせ

生活環境課(電話37-2143)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 環境・ごみ・リサイクル > 使い捨てライター等はガス抜きをしてから捨てましょう