紙資源の分別にご協力ください

紙製容器包装とは

「紙製容器包装」とは、紙製で、商品を入れていたもの(容器)や商品を包んでいたもの(包装)です。 右のマークが目印です。

「紙製容器包装」であっても、その性質からリサイクルできないものがあります。これらは、「燃やすごみ」に出してください。

対象とならいもの

▽におい、汚れの取れないもの(洗濯洗剤の箱 、紙製納豆容器 など)

▽内側がアルミコートされた(銀色になっている)紙、ワックス加工された(紙コップなど、水がしみ込まない加工)紙、ビニールコート(表面に光沢があり簡単に破けない加工)紙

出し方(まとめ方)

紙類の収集日に、小さなものは大きなものの間に挟むなど、落ちないように工夫をして、ひもで束ねて出してください。その際、紙以外のプラスチック、金属などでできた部品(取っ手など)は取り外してください。

対象と出し方の例

紙類の出し方

市では、市民のみなさんの協力により、平成12年度から紙類の分別収集を実施しています。資源としてより一層のリサイクルを図るため、次の点に気をつけてごみステーションへ出していただくようご協力をお願いします。

共通事項

次の5種類に分別し、ひもで十字に縛って出してください。(再生する紙の種類により使われる古紙の種類が異なりますので、混入しないようにしてください。)

(1)段ボール
(2)新聞紙・広告紙
(3)雑誌
(4)紙パック
(5)紙製容器包装

著しく水に濡れたもの(多少の水濡れは可)、日焼けしたもの、汚れ(土・油・ペンキなど)の付着しているものは資源としての紙質を低下させますので、「燃やすごみ」に出してください。

段ボール

ガムテープ・あて名シール・金具などがついていると、再生時に支障を来たします。必ず取り除いてください。 なお、ロウ加工、アルミ加工、ラミネート加工段ボールは「燃やすごみ」に出してください。

新聞紙・広告紙

新聞紙と広告紙は分けずにいっしょに出して結構です。 新聞販売店で配る紙袋を利用すると、新聞紙・広告紙以外のものが混入したり、内容物を確認する手間が必要になりますので、ひもで縛って出してください。

雑誌

雑誌のほか教科書、カタログ、パンフレット、名刺、コピー用紙、はがき(あて名ラベルをはがす)を出すことができます。なお、アルバム、写真、感熱紙、カーボン紙、窓あき封筒(透明のセロハンフィルムを取り除けば可)などは再生利用できません。「燃やすごみ」に出してください。

紙パック

牛乳、ジュースなどの紙パックを水洗いし、開いて乾かして出してください。 内側がアルミ加工(銀色になっている)されているパック、洗っていないパックについては「燃やすごみ」に出してください。

お問い合わせ

生活環境課(電話37-2143)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 環境・ごみ・リサイクル > 紙資源の分別にご協力ください