野鳥との接し方について

 

一部地域で鳥インフルエンザの発生が確認されております。 感染及び感染拡大防止のため次の点にご注意ください。

○死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、県または市へご連絡ください。

○日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをすれば、過度に心配する必要はありません。

○野鳥などを観察する際は、触れたり糞を踏まないようにしてください。

○野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが外の地域へ運ばれる恐れがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないように十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。

○不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

野鳥への餌付け自粛のお願い>>

連絡・お問い合わせ

▽相双地方振興局県民生活課(電話26-1144)
▽農林水産課農地林務係(電話37-2151)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 暮らし > 野鳥との接し方について