犬のフンは持ち帰りましょう

犬のフンは持ち帰りましょう

最近、歩道や道路わきの畑、公園等に犬のフンが片付けられずにそのまま残されていることが多く見受けられます。
自分の家の前に犬のフンが放置されていたらどう思いますか。

道を歩いていたらうっかり犬のフンを踏んでしまったらどう思いますか。

お子さんと公園に行ったとき、犬のフンがあったら気持ちよく遊べますか。

飼い犬のフンを放置し、後始末をしない無責任な飼い主の行為が、周囲の人を困らせたり不愉快な気持ちにさせてしまいます。

飼い主のみなさんの心がけと協力があれば犬のフンの問題は改善できます。

みなさんがお互いに気持ち良く暮らせる快適な環境と美しいまちづくりのため、飼い犬を散歩させるときは、スコップやビニール袋を携帯するなど、公共の場所や他人の土地、建物を汚さないように、飼い主が責任を持って持ち帰りましょう。マナーを守るようご協力をお願いします。

 また、啓発用の看板「犬のフンは持ち帰ろう」をご用意しています。ご希望の方はご連絡をお願いします。

飼い主の方は、次のことにも注意してください。

▽放し飼いは人に危害を与えたり、犬自身が交通事故に遭う危険がありますので絶対にしないでください。
▽人に危害を加えないよう、リードをつなぎ安全な場所で飼ってください。
▽1日1回は適度な運動をさせ、無駄吠えをさせないようにしてください。
▽飼い犬に年に1回の狂犬病予防注射を受けさせてください。
▽飼い犬の登録がお済みでない方は市に登録してください。
▽鑑札、注射済票(金属プレート)は首輪につけてください。

問い合わせ先

市役所生活環境課 電話37-2143


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 暮らし > 犬のフンは持ち帰りましょう