「薪」を燃料として使用した際の取扱いにご注意ください

県内において、薪ストーブを使用した際に発生する灰から指定廃棄物(※1)の基準値を上回る43,780Bq/sの放射性セシウムが検出されました。
指定廃棄物の基準値である8,000Bq/sは、埋め立て作業に従事する作業者の安全基準(※2)として示されたものであり、薪ストーブなどの使用者を対象としたものではありません
薪を燃やした後の灰には、最大で182倍の放射性セシウムを含む試験結果が報告されております。薪および灰の取扱い時の、注意事項は下記のとおりです。原発事故発生時に屋外にあった薪および灰の取扱いについては特に注意してください。なお、現在市販されている薪の基準値については、40Bq/s以下の値が設定されております。

※1 放射性物質により汚染された廃棄物のうち、8,000Bq/sを超える廃棄物のことです。
※2 作業者の安全基準8,000Bq/sは1日8時間・年間250日の労働時間のうち半分の時間を廃棄物のそばで作業する場合の年間被ばく量1mSv以内とした安全基準値です。

注意事項

■薪ストーブなどの掃除にあたっては、灰を吸い込まないようマスクをするとともに、ゴム手袋を着用してください。

■薪を燃やした後に発生した灰については、庭や畑にまいたりせず、市で灰を安全に収集し保管する体制が確立されるまでの間、周囲への飛散や雨などによる流出を防止するため、ビニール袋などに入れ、家の裏など人の近寄らない場所に保管してください。

■市では家庭用の農水産物など食品の放射性物質濃度を測定しております。食品の測定を優先しているため、薪については測定対象外ですが、薪などの食品以外の測定実施については現在検討中です。

■排煙による被ばくについては、煙に含まれる放射性セシウム濃度が低いため、影響はありません。

注)木炭の灰についても同様の取扱いとしてください。

薪および灰の取扱いに関する問い合わせ先

(薪)
▽県:相双農林事務所林業課(電話26-1174 FAX 26-1216)
▽市:農林水産課農地林務係(電話37-2151 FAX 37-2251)

(灰)
▽県:相双地方振興局環境課(電話26-1232 FAX 26-1120)
▽市:生活環境課(電話37-2143 FAX 35-1760)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 暮らし > 「薪」を燃料として使用した際の取扱いにご注意ください