犬を飼っている方へお願い

2013年7月23日、台湾で人を咬んだイタチアナグマが狂犬病ウイルスに感染していたことが確認されました。このイタチアナグマは捕獲後、まもなく死亡しました。台湾では、犬、猫、捕獲された野生の犬に対する狂犬病の予防接種が強化されています。

狂犬病は、発生するとほぼ100%死亡する危険な病気です。大抵は、動物に咬まれることによりうつりますが、動物の唾液が目、鼻、口や傷ついた皮膚から入ることによってうつることもあります

犬や猫のほか、サル、キツネ、アライグマ、マングースやコウモリなどの動物からもうつります。

日本では、昭和32年の猫での発生を最後に狂犬病は発生しておりませんが、万が一日本で狂犬病が発生した場合に迅速な対応を取るためにも、犬の飼い主として下記の義務をお守りいただくようお願い申し上げます。

狂犬病予防法に基づく犬の飼い主の義務

▽市町村に犬を登録すること。
▽犬に毎年狂犬病の予防注射を受けさせること。
▽犬に鑑札と注射済票を付けること。

※毎年4月から6月は狂犬病予防注射期間です。

犬を飼う方の義務ですので、必ず守りましょう。

何かご質問・不明な点がございましたら、市役所生活環境課までご連絡ください。

問い合わせ先

市役所生活環境課(電話37-2143)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 暮らし > 犬を飼っている方へお願い