「相馬市子ども・子育て支援事業計画」を改定しました

市は、平成27年3月に策定した、子育て支援の中・長期的な方向と具体的方策を示した「相馬市子ども・子育て支援事業計画」中、平成27年度に変更があった内容について、平成28年3月に開いた子ども・子育て会議に諮り改訂しました。

改訂の主なものは、「中央児童センターに放課後児童クラブの建築寄贈を受け、桜丘小学校対象の放課後児童クラブの定員を40人増員した」「第二区域に東部子ども公民館を設置し、地域の子ども・子育て支援拠点施設として運営を開始した」「第一区域は、小規模保育所の開設に伴い、当分の間、児童福祉法第三十四条の十五第二項の認可※をしない区域とする」「第四区域は、児童福祉法第三十四条の十五第二項の認可※を検討する地区とする」などです。

※国、都道府県及び市町村以外の者は、厚生労働省令の定めるところにより、市町村長の認可 を得て、家庭的保育事業等を行うことができる

市は、年度ごとに「子ども・子育て支援事業計画」を適宜見直すことで、子ども一人ひとりの人権が尊重され、安心して子育てのできるまちづくりを目指していきます。

「相馬市子ども・子育て支援事業計画」平成28年3月改訂版(PDF 3.03MB) >>

問い合わせ先

社会福祉課(電話0244-37-2171)

前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 子育て・教育 > 「相馬市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました