子ども医療費助成

18歳以下の子どもの医療費の助成制度が変わります

市では、これまで0歳から就学前のお子さんは「乳幼児医療費」、小学生1年生から高校3年生(18歳を迎えた以後、最初の3月31日)までは「小中学高校生等医療費」により医療費を助成していましたが、平成24年10月1日診療分より、「子ども医療費」に制度を統一します。

これまで、「乳幼児医療費受給資格証」及び「小中学高校生等医療費受給資格証」をお持ちだった社会保険等加入の方へは、市役所より「子ども医療費受給資格証」を郵送します。
「乳幼児医療費受給資格証」及び「小中学高校生等医療費受給資格証」をお持ちでない社会保険等加入の方は、登録の手続きが必要です。

※これまでお使いいただいていた「乳幼児医療費受給資格証」、「小中学高校生等医療費受給資格証」は必要ありませんので、市役所社会福祉課へご返却ください。

助成対象

相馬市にお住まいの0歳から18歳を迎えた以後、最初の3月31日までのお子さん。

助成の内容

お子さんが病気やケガで医療機関の診療を受けたときに、保険診療の一部負担金を助成します。ただし、他の医療に関する給付がある場合には、その額を控除した額となります。

※保険診療の一部負担金とは、各医療保険の規定により保険給付を受ける方が負担する額です。

助成の手続き

相馬市国民健康保険に加入しているお子さんは、一部負担金が免除されるため手続きの必要はありません。
社会保険等の健康保険に加入しているお子さん(相馬市国民健康保険以外のお子さん)は、「子ども医療費受給資格」の登録が必要となります。登録された場合には、「子ども医療費受給資格者証」を交付します。

(登録に必要な書類)

  1. 子どもの健康保険者証
  2. 振込先の通帳(被保険者名義)
  3. 前年度の所得・課税がわかる書類(転入者のみ)
  4. 加入保険の付加給付内容が分かる書類(全国健康保険協会の方は不要)

また、すでに登録している方で、登録内容に変更があったときは、社会福祉課へ届け出てください。

助成の方法

(1)相馬市国民健康保険に加入しているお子さん
医療機関等の窓口での一部負担はありません。
ただし、次の場合は、医療機関の窓口で一部負担金を支払った後に、申請の手続きが必要です

【お子さんが入院した場合の食事療養費】
「子ども医療費助成申請書」に医療機関の証明を受け(または領収書の原本を添えて)、社会福祉課へ申請してください。

【上記以外で一部負担金の支払があった場合】
領収書の原本と印鑑を持参し、保険年金課へ申請してください。

 

(2)社会保険等の健康保険に加入しているお子さん((1)以外のお子さん)

【相馬市、南相馬市、新地町の医療機関等で、一部負担金が21,000円未満の場合】
健康保険証と一緒に「子ども医療費受給資格証」を窓口で提示することで、窓口での一部負担はありません。

ただし、次の場合は、医療機関の窓口で一部負担金を支払った後に、申請の手続きが必要です。「子ども医療費助成申請書」に医療機関の証明を受け(または領収書の原本を添えて)、社会福祉課へ申請をしてください。申請書は、医療機関ごと、月ごと、入院・外来診療科(総合病院の場合)ごとに分けてください。

【相馬市、南相馬市、新地町以外の医療機関で受診した場合】
【一部負担金が21,000円以上の場合】
【相馬市以外の接骨院で受診した場合】
【上記以外で一部負担金の支払があった場合】

申請ができる期間

医療機関などで支払いを済ませてから5年間請求することができます。事務処理上の締切は毎月末日で、振込日は翌月の中旬です。末日が休みのときはその前日となります。

助成申請書ダウンロード

医療費助成申請書は、下記このサイトからダウンロードすることができます。保険診療の一部負担金をお支払いした際にご利用ください。

子ども医療費助成申請書(WORD 42KB) >>

問い合わせ先

社会福祉課児童家庭係(電話0244-37-2204)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 >  子育て・教育 > 子ども医療費助成