児童手当

児童手当の目的

児童手当は、子どもを養育している方に手当を支給することにより、家庭生活の安定及び次代の社会を担う子どもの健やかな成長を支援することを目的として支給される手当です。

児童手当を受けることができる方

相馬市に住所を有し、0歳から中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

※請求者(受給者)は生計の中心となっている方になります。請求者と配偶者の収入に差がない場合は、世帯主、健康保険加入の扶養や税法上の扶養等で生計の中心者を判断します。

※公務員の方は、勤務先(所属庁)に請求が必要です。

支給金額(月額・1人あたり)

区分 児童手当 特別給付
所得制限
(所得制限内の方)
(所得制限超の方)



3歳未満
15,000円
一律 5,000円
3歳から
小学生
第1子・2子
10,000円
第3子以降
15,000円
中学生
10,000円

※平成24年6月より所得制限が導入されました。

※第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

所得制限の基準額

扶養親族の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人
622万円
833.3万円
1人
660万円
875.6万円
2人
698万円
917.8万円
3人
736万円
960.0万円
4人
774万円
1002.1万円
5人
812万円
1042.1万円

※上記所得制限限度額以上の場合は、法律の附則に基づく特例給付を支給します。

児童手当の支給時期

原則として年3回、その前月分までの4カ月分を支払います。

支給日 支給対象月
6月10日 2〜5月分
10月10日 6〜9月分
2月10日 10〜1月分

※支給日が金融機関の休日等の場合は、その日前でその日に最も近い休日等でない日となります。

児童手当の申請方法

お子さんが生まれたり、他の市区町村から転入したりしたときは、「認定請求書」を提出してください。
原則として申請した翌月分から手当を支給します。(出生日、転入日など事由が発生した日の翌日から15日以内に申請があった場合は、出生日、転入日等の翌月分からの支給になります。)

現況届

児童手当を受給されている方は、毎年6月に「現況届」の提出が必要です。現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。
現況届の提出が必要な方には、6月に市役所から「現況届」の用紙を送付します。この届を提出されない場合は6月以降の手当が受給できなくなります。
また、2年間この届出をしないと手当を受ける資格を失うこととなります。

児童手当受給に関する手続き

受給者(請求者)に下記の異動があった場合は、すみやかに届出してください。

※平成28年1月1日より「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用に関する法律(マイナンバー法)」の施行により、児童手当手続きの一部に「個人番号(マイナンバー)」が必要になりました。

一部の手続きについては「個人番号(マイナンバー)確認書類」と「本人確認書類」をご提示いただきます。来庁者が、受給者の代理人(受給者の配偶者や父母、兄弟など)の場合は「委任状」(様式は任意)が必要です。

異動内容 提出書類・確認必要書類など
お子さんが生まれたり(第1子)、他の市区町村から転入したりしたとき ●認定請求書
▽請求者本人の健康保険証
▽請求者名義の通帳またはキャッシュカード
▽印鑑(認印)
▽請求者と配偶者の「個人番号(マイナンバー)確認書類」と来庁者の「本人確認書類」
お子さんが出生などにより増加したとき(第2子以降) ●額改定請求書
受給者がお子さんと別居したとき
(お子さんを養育している場合のみ)
●別居監護申立書
▽対象児童の「個人番号(マイナンバー)確認書類」と来庁者の「本人確認書類」
▽対象児童の属する世帯全員の住民票(住民票は相馬市外で別居している場合のみ)
受給者がお子さんを養育しなくなったとき ●受給事由消滅届
お子さんが児童福祉施設へ入所したとき ●受給事由消滅届または額改定(減額)請求書
※詳しくは窓口にご相談ください。
お子さんが児童福祉施設を退所したとき ●認定請求書または額改定(増額)請求書
 ※詳しくは窓口にご相談ください。
受給者が公務員になったとき ●受給事由消滅届
振込先の金融機関を変更するとき ●口座振替支払変更依頼書
(受給者以外の名義には変更できません。)
受給者等の個人番号が変更になったとき(受給者、配偶者、受給者と別居しているお子さんの個人番号が変更となったとき) ●個人番号等変更申出書
変更者の「個人番号(マイナンバー)確認書類」と来庁者の「本人確認書類」
受給者が離婚したとき
(受給者の配偶者の個人番号の削除)
●個人番号変更等申出書
来庁者の「本人確認書類」
受給者が婚姻したとき
(受給者の配偶者の個人番号の登録)
●個人番号変更等申出書
配偶者の「個人番号(マイナンバー)確認書類」と来庁者の「本人確認書類」
受給者が相馬市外へ転出したとき ※転入先の市区町村へ、転出予定日より15日以内に新規認定請求してください。

◎個人番号記載内容の確認等に必要な書類(窓口での提示・確認が必要となります。)

(例)認定請求書を提出する場合

請求者(受給者)本人が手続きをする場合

  1. 請求者(受給者)本人の「個人番号(マイナンバー)確認書類」
  2. 請求者(受給者)本人の「本人確認書類」
  3. 配偶者の「個人番号(マイナンバー)確認書類」

請求者(受給者)の配偶者が手続きをする場合

  1. 請求者(受給者)の「個人番号(マイナンバー)確認書類」
  2. 配偶者本人の「個人番号(マイナンバー)確認書類)」
  3. 配偶者本人の「本人確認書類」(受給者)
  4. 請求者(受給者)が記入・押印した「委任状」

上記以外の代理人が手続きをする場合

  1. 請求者(受給者)の「個人番号(マイナンバー)確認書類」
  2. 配偶者の「個人番号(マイナンバー)確認書類」
  3. 代理人本人の「本人確認書類」
  4. 請求者(受給者)が記入・押印した「委任状」

※請求者(受給者)と児童が別居する場合は、児童の「個人番号(マイナンバー)確認書類」も必要です。

個人番号(マイナンバー)確認書類
◎個人番号(マイナンバー)カード
◎個人番号(マイナンバー)通知カード
◎個人番号が記載された住民票等
本人確認(身元確認)書類 
●写真付き身分証明書(この場合は1つ)
(例)
▽個人番号(マイナンバー)カード
▽住基カード(顔写真あり)
▽運転免許証
▽運転経歴証明書(平成24年4月1日以降)
▽パスポート
▽身体障害者手帳
▽精神障害者保険福祉手帳
▽療育手帳
▽在留カードまたは特別永住者証明書
▽その他官公署発行の写真付き身分証明書で@氏名、A生年月日または住所の記載のあるもの
●その他の本人確認書類(この場合は2つ)
(例)
▽各種健康保険被保険者証
▽各種共済組合の組合員証
▽年金手帳
▽児童扶養手当証書または特別児童扶養手当証書
▽介護保険被保険者証
▽その他官公署等からの発行書類で@氏名、A生年月日または住所の記載のあるもの

相馬市のマイナンバー制度については、こちらをご覧ください。 >>

申請書のダウンロードページ >>

お問い合わせ

保健福祉部社会福祉課 児童家庭係

電話37-2204 ファクス37-2162


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 子育て・教育 > 児童手当