不妊・不育治療費への市独自助成(こうのとりサポート)

市では、不妊・不育治療を受けられたご夫婦に対して、経済的な負担を軽減するために、検査や治療に要する費用の一部を助成する「相馬市不妊・不育治療費助成事業:こうのとりサポート」を開始しました。

 

対象者

※申請日現在で、申請者が次の要件のすべてを満たしている方。

1.法律上の婚姻をしていること
2.相馬市の住民基本台帳に記録されていること
3.医療保険各法の被保険者または被扶養者であること
4.市税の滞納がないこと

助成の対象となる治療内容

※保険適用外となる不妊・不育治療で下記のもの

1.一般不妊治療(人工授精)
2.特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
3.不育治療

助成金額

1.一般不妊治療・・・
 1年度以内(4月から翌年3月)の治療に要した助成対象経費の合計額とし、当該額が10万 円を超える場合は、10万円を助成。

2.特定不妊治療・・・
 1回の治療に要した助成対象経費から県が実施する特定不妊治療にかかる費用の助成事業 による助成額を控除した額とし、当該額が10万円を超える場合は、10万円を助成。

3.不育治療費・・・
 1治療期間に要した助成対象経費から高額療養費および保険者からの付加給付、ならびに県 が実施する不育治療にかかる費用の助成制度による助成額を控除した額とし、当該額が10万 円を超える場合は、10万円を助成。

助成回数

第1回目の申請の治療開始日における妻の年齢が40歳に満たない場合
⇒ 治療内容ごとに通算の申請が6回まで

第1回目の申請の治療開始日における妻の年齢が40歳以上の場合
⇒ 治療内容ごとに通算の申請が3回まで

申請手続きについて

1.一般不妊治療は、1年度以内(4月から翌年3月)の治療に要した助成対象経費の合計額で申  請してください。

2.特定不妊治療および不育治療については、1回の治療ごとの申請となります。治療が終了した  日(県の助成を受けた場合は、県の交付決定日)から2か月以内に必要な書類を添えて申請し  てください。

詳細はこちら

詳細はこちらをご覧ください(PDF 325KB) >>

不妊・不育治療

問い合わせ先

保健センター 35-4477

前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 子育て・教育 > 不妊・不育治療費への市独自助成