子ども・子育て支援新制度(平成27年4月〜)

平成27年4月から、子ども・子育て支援の新しい制度がスタートします。
市では、国の方針に基づいて準備を進めています。

保育所などの入所についても、子ども・子育て新制度での手続きとなります。保育所などの入所を希望する保護者からの申請に基づき、市が子どもの保育の必要性を認定(「支給認定」といいます)し、認定結果に応じた「認定証」を交付するなど、従来と異なる点があります。

3つの支給認定区分

施設などの利用の希望に応じ、認定を受けていただきます。

認定区分
対象となる子ども
市内で利用
できる主な施設
1号認定
満3歳以上の就学前の子ども
(2号認定者を除く)
幼稚園
2号認定
満3歳以上で保護者の就労や疾病などにより、
保育を必要とする子ども
保育所
3号認定
満3歳未満で保護者の就労や疾病などにより、
保育を必要とする子ども
保育所

▽幼稚園は新制度に移行する園と現行制度のまま継続する園があり、各園で判断されま
す。

相馬市では、
・公立幼稚園は「新制度へ移行」
・私立幼稚園は「現行制度のまま」
の予定です。

▽新制度に移行する公立幼稚園の場合、入園が決まってから幼稚園を通じて支給認定を行う予定です。
※現行制度のまま継続する私立幼稚園は、支給認定の手続きはありません。

保育標準時間と保育短時間

就労時間などによって、保育時間が変更となります。(2号認定・3号認定の場合)

▽保育標準時間(11時間)=フルタイムを想定し最長11時間の利用
※就労時間 月120時間以上

▽保育短時間(8時間)=パートタイムを想定し最長8時間の利用
※就労時間 月64時間以上120時間未満

利用者負担額(保育料)

毎月の保育料は、現在、保護者などの所得税額を基に算定していますが、来年度から、市町村民税の額に応じた算定に変わります。
新制度に移行した幼稚園も同様の方法で算定する保育料となります。

※現行制度で継続する幼稚園は各園で設定している金額となります。

現在、保育料の切り替えは、年度ごとに行なっています。
4月から6月頃までは仮で算定した保育料とし、それ以降に見直しを行い本算定とし年度末まで適用していました。
新制度では毎年9月が保育料の切り替え時期となります。

※金額は、国が定めた保育料を上限として、市町村が定めます。
※年齢、保育標準時間・保育短時間の認定区分、多子世帯などにより異なります。
※相馬市の金額は、現在検討しています。

平成27年度保育料

4月〜8月
9月〜3月
前年度(平成26年度)の
市町村民税額に基づく保育料
今年度(平成27年度)の
市町村民税額に基づく保育料

保育所入所 申し込み Q&A

Q1 入所の申し込みは先着順ですか?長く入所待ちしているほど優先されますか?

A1 申し込みの順番や入所待ちの実績は考慮されません。選考により保育の必要性や家庭状況などを考慮して、優先度の高い方から入所を決定します。
Q2 平成26年度中に保育所入所の申し込みをしましたが、入所ができずに待機(入所待ち)となっています。平成27年度の入所申し込みをしなくても、申し込みは継続されますか?

A2 いいえ。年度ごとの申し込みとなりますので、平成26年度の待機(入所待ち)の方も、平成27年度からの入所を希望される場合は、あらためて申し込みが必要となります。

問い合わせ先

社会福祉課 児童家庭係(電話37-2204)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 子育て・教育 > 子ども・子育て支援新制度(平成27年4月〜)