高齢者福祉

介護保険についてはこちらのページをご覧ください ― 介護保険 >>

在宅高齢者向けサービス(介護保険外)

生きがいと健康づくり推進事業

家に閉じこもりがちな高齢者の社会的孤立感解消を目的に、市のバスによる送迎で老人憩いの家「清流荘」または、相馬市総合福祉センター「はまなす館」を利用して、ふれあい交流活動、健康増進事業などを行います。

●サービス提供者 相馬市(社団法人そうま広域シルバー人材センター、社会福祉協議会に委託)

●対象者 要支援要介護認定を受けていない家に閉じこもりがちな高齢者のみの世帯及びこれに準ずる世帯のおおむね60歳以上の高齢者。

●利用料等 1回410円(昼食を持参しない方は店弁当代400円を加えます)

緊急通報体制整備事業

緊急通報システムを貸与し、事故などの緊急時に迅速且つ適切な救助・援助を行います。

●サービス提供者 相馬市(市が委託する事業者)

●対象者 緊急通報システムを必要とする高齢者のみの世帯、障害者のみの世帯及び障害者・高齢者を抱える要援護世帯等を対象とします。

●利用料等 生計中心者の収入に応じて費用を負担。

紙おむつ給付事業

在宅で寝たきりまたは認知症の高齢者を介護している世帯に月額4,000円分の紙おむつ代を助成します。

●サービス提供者 相馬市(相馬市から指定を受けた業者)

●対象者 在宅で65歳以上の寝たきり又は認知症の高齢者(常時失禁の状態が3カ月以上継続している方)を介護している世帯。

布団丸洗い乾燥サービス事業

在宅で寝たきり高齢者・障害者を介護している家庭に対し、無料で布団上下一組を丸洗い乾燥します。(年1回程度)

●サービス提供者 相馬市

●対象者 老衰・心身の障害などで寝具の衛生管理が困難な高齢者のみ世帯及びこれに準ずる世帯並びに身体障害者の世帯。寝具の衛生管理が困難な方の布団を無料で丸洗い乾燥をします。

自立高齢者の住宅改修費助成事業

高齢者が自立生活継続のため、手すりの取付などの小規模住宅改修を行う場合に、工事費の9割(最高18万円)の助成を行います。

●サービス提供者 相馬市 

●対象者 生計中心者の所得が一定限度以内の世帯に属し、要支援・要介護状態にない60歳以上の高齢者。

●利用料等 工事費(20万円以下の時)の1割を自己負担。

訪問理美容サービス事業

寝たきり又は認知症等により、自ら理・美容院に出向くことが困難な高齢者等が、訪問理美容サービスを利用する際に1回につき1,000円、年2回まで助成します。

●サービス提供者 相馬市理容組合加盟店及び相馬市美容組合加盟店

●対象者 介護保険制度で介護認定が要介護度3以上の方。または身障者手帳1級の方

家族介護慰労金の支給

寝たきりの方などを在宅で介護し条件を満たす方に年10万円の慰労金を支給します。

●サービス提供者 相馬市

●対象者 介護度4以上の方を在宅で介護し、1年間介護サービスを利用しなかった市民税非課税世帯。

老人福祉電話の貸与

電話加入権をもたないひとり暮らし高齢者に受話器を貸与。

●サービス提供者 相馬市

●対象者 おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者等で緊急連絡網を必要とする方。

●利用料等 通話料は利用者の負担となります。

はり・きゅう・マッサージ施術費助成

在宅で認知症・寝たきりの方を介護している方に、1回当たりの施術費用の内1,000円分を年6回まで助成します。

●サービス提供者 相馬市(相馬市から指定を受けた業者)

●対象者 介護保険の要介護認定で要介護度4または5と認定された方を介護している方。

配食サービス

虚弱な一人暮らし高齢者に毎週水曜日に昼食を配布し、安否確認及び健康の増進を図ります。

●サービス提供者 社会福祉協議会

●対象者 虚弱な65歳以上の一人暮らし高齢者

●利用料等 無料

高齢者向け行事

相馬市敬老会

相馬市では、毎年市内に住所のお持ちの高齢者の方を敬老会に招待して、長寿を祝し、敬老祝金を支給します。
平成21年度から、各地区実行委員会と市が共催し、地区公民館等の各地区内施設で開催しています。

●85歳以上の方に、市から現金5,000円が支給されます。

●100歳を迎えた方には、記念品と百歳の賀寿状が国、県、市、老人クラブから贈呈されます。さらに、市からは特別敬老祝金として現金100,000円が支給されます。

相馬市金婚を祝う会

相馬市では、市内に住所があって、その年の12月31日までに結婚50年を迎える夫婦(既に金婚を迎え、これまで金婚を祝う会に参加していない方も含む)を「金婚を祝う会」に招待し、祝状と記念品を贈呈します。(毎年8月〜10月の間に開催)

対象者の決定は、原則戸籍上の婚姻年月日を基本とします。
婚姻届出が事実上の結婚後に提出されている場合は、民生委員が認めれば戸籍上の婚姻年月日に優先されます。

金婚を祝う会に参加を希望する方は、市で定める期日までに、地区の民生委員経由で、申請してください。期日後の申請については、金婚を祝う会に参加できないことがあります。

ふれあい会食会

相馬市社会福祉協議会が主催で、日頃一人で生活している高齢者の方々に楽しい一日を過ごしていただくため、年1回開催しています。

一人暮らし高齢者を招き、保育園児による遊戯の観賞やふれあいを楽しみながら、ボランティアによる手作りの昼食を来賓や本事業に協力いただいた方と一緒にいただきます。

お問い合わせ先

保健福祉部健康福祉課(電話37-2174)

相馬市地域包括支援センター(電話37-2174)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 高齢者福祉