熱中症にご注意ください!

熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

「水分補給」+「適度な塩分補給」が大切です

▽のどが乾かなくてもこまめに水分補給

▽汗をかいた時は、適度な塩分補給を!

例えば、いつもの生活に、スポーツ飲料を上手に取り入れましょう。

※ただし、塩分や糖分の取りすぎに注意が必要です。

※心臓や腎臓、その他持病をお持ちのかたは、かかりつけ医に相談してください。

 

暑さ対策

室温28℃を超えないように、エアコン等を上手に使いましょう!

※部屋の温度をこまめにチェックしましょう

早めの受診を

▽頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下が見られたら早めに医療機関で受診しましょう。

▽自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合は速やかに救急車を呼びましょう。

※まわりが協力して、熱中症予防を呼びかけ合いましょう!

熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう!

熱中症の発生は,7〜8月がピークになります。熱中症を正しく理解し,予防に努めましょう。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

屋外で活動しているときだけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり死亡する事例が報告されていますので、周囲の人にも気を配り予防を呼びかけ合って熱中症を防ぎましょう。

熱中症の予防法

※予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切!!

●1 水分補給+適度な塩分補給

のどが渇いたと感じたら必ず補給。のどが渇かなくてもこまめに補給を。
汗をかいたら適度な塩分を補給しましょう。

●2 室内環境を確認

室温をこまめにチェックし、扇風機やエアコンを上手に使い温度調節をしましょう。

●3 体調に合わせた対策

保冷剤、氷、冷たいタオルを使用して体を冷却するなど、体温調節をしましょう。
体をしめつけない涼しい服装(通気性、吸湿性のよい衣服)を着用しましょう。

●4 外出時の注意

外出時は日傘や帽子を着用、日陰の利用、こまめに休憩をとるなど注意しましょう。

●5 体力づくり

日頃から、栄養バランスのよい食事と体力づくりにも注意しましょう。

◎熱中症を疑われる人をみかけたら…

1 涼しい場所へ避難させる

2 衣服を脱がせ、身体を冷やす

3 水分・塩分を補給する

※自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車を要請しましょう!

問い合わせ先

保健センター(電話0244-35-4477)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 熱中症にご注意ください!