救急医療について

医療機関の適切な受診方法

私たちはいつどこで、大けがをしたり、病気になるか分かりません。いざという時、医療機関で受診する流れは、次のようになります。

救急時の医療機関診療の流れ

けがをしたり急病になる
救急車が必要
はい
119番通報  
いいえ
(1)平日・昼 かかりつけ医や専門医を受診
(2)平日・夜 救急医療病院または平日夜間救急室(※1)を受診
(3)休日・昼 休日当番医(※2)を受診
(4)休日・夜 救急医療病院を受診

※1 平日夜間救急支援プランをご覧ください。

※2 休日当番医・休日当番歯科医は、広報そうま、市ウエブサイト、市携帯電話用ウエブサイトに掲載しています。なお、ゴールデンウィークやお盆は、各医療機関により診療日が異なる場合があります。

救急医療施設の内容

区分 内容 具体例
(1)初期医療(一次) 在宅当番医制、休日夜間急患センターなど。かぜや切創(切り傷)など外来で治療できる軽いもの。 市内の医院など
(2)二次医療 救急医療病院。肺炎や脳梗塞など入院あるいは手術を要する、やや重症の患者が対象。 公立相馬総合病院、相馬中央病院など
(3)三次医療 救命救急センター。一般病院で治療のできない重症救急患者に対応。24時間の診療体制で高度の診療機能を有する。 相双地方には該当なし。

「かかりつけ医」をもって普段から健康管理を

かかりつけ医とは、かぜなどの日常的な診療や健康管理をしてくれる身近なお医者さんです。
救急車を呼ぶようなことになる前に、普段から自分の健康を管理して、症状が重くなる前に受診することが基本です。 かかりつけ医を選ぶポイントは次のとおりです。

(1)患者の話をしっかり聞いて、気軽に相談できる。
(2)病気、治療、薬などについて、分かりやすく納得のいく説明をしてくれる。
(3)必要に応じて、適切な専門医を紹介してくれる。
(4)できれば家の近くで通院しやすい。

平日夜間救急支援プラン

相馬市と新地町では、相馬市医師会の協力を得て、公立相馬総合病院で「平日夜間救急支援プラン」を行っています。
このプランは、年々増加している地域の救急受診患者への対応策として実施するもので、18年6月からはじまりました。受診患者の多い平日夜間(19時〜22時)、公立相馬総合病院内に設置された「平日夜間救急室」に、相馬市医師会の医師を交代で派遣していただき、患者さんを診察します。 利用の際は、以下の点に注意しましょう。 

利用の注意点

▽診察時間内外を問わず、必ず連絡してから受診してください。
▽救急医療はあくまで応急処置です。当直医が専門医とは限りません。

平日夜間救急支援プランのお問い合わせ

公立相馬総合病院 電話36-5101


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 救急医療について