医療費が高額になったとき

同じ月内に支払った医療費が高額になったとき、申請をして認められると、限度額を超えた分が高額療養費としてあとから支給されます。2年を過ぎると支給されませんので、忘れずに申請してください。70歳未満と70歳以上とでは、限度額が異なります。

高齢受給者はこちら >>

70歳未満の方の場合

同じ方が同じ月内に、同じ医療機関に支払った自己負担額が、限度額(A)の「3回目まで」を超えた場合、その超えた分があとから支給されます。

○1か月の自己負担限度額(A)

区分 3回目まで 4回目以降
一定以上所得者 252,600円+(総医療費−842,000円)×1% 140,100円
167,400円+(総医療費−558,000円)×1% 93,000円
一般所得者 80,100円+(総医療費−267,000円)×1% 44,400円
57,600円 44,400円
住民税非課税 35,400円 24,600円

※所得区分の基準

ア:総所得から基礎控除(33万円)した金額が901万円を超える
イ:総所得から基礎控除(33万円)した金額が600万円〜901万円以下
ウ:総所得から基礎控除(33万円)した金額が210万円〜600万円以下
エ:総所得から基礎控除(33万円)した金額が210万円以下
オ:世帯が住民税非課税

【例】
医療費が100万円かかったとき(一般世帯)

(ア)自己負担 30万円(医療費100万円の3割)

(イ)自己負担限度額 80,100円 + 7,330円※= 87,430円
※7,330円=(100万円-267,000円)×1%

(ア)−(イ) = 212,570円 が高額療養費としてあとから支給されます。 

世帯で合算して限度額を超えたとき

ひとつの世帯内で、同じ月内に21,000円(住民税非課税世帯も同額)以上の自己負担額を2回以上支払った場合、それらを合算して限度額を超えた分が支給されます。

高額療養費の支給が12ヶ月間に4回以上あるとき

過去12か月間に、一つの世帯で高額療養費の支給を4回以上受けたとき、限度額(A)の「4回目以降」を超えた分が、あとから支給されます。

お問い合わせ

民生部 保険年金課 電話 0244-37-2140


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 国民健康保険