サービス利用の手続き

介護サービスを利用するためには、要介護認定を申請して「介護や支援が必要な状態」であると認定される必要があります。申請後、訪問調査や審査を行い、介護や支援が必要な度合いを決定します。申請から認定までに必要な期間は、およそ30日です。

申請からサービス利用まで

(1)要介護認定申請

▽申請窓口 市健康福祉課介護保険係 電話37-3065

▽申請必要なもの
申請書、介護保険被保険者証(65歳以上の方)、医療保険被保険者証(65歳未満の方)

(2)訪問調査

介護認定調査員が訪問し、身体状況を調査します。調査では、起き上がりや歩行、飲食が自立しているか、認知症状の有無などを確認します。

(3)主治医の意見書

主治医に意見書の作成を依頼します。定期的に受診していない場合や入院している場合は、意見書の作成に時間がかかることがあります。

(4)認定審査

介護認定審査会で審査を行い、認定結果を郵送します。
要介護1〜5に認定された方は、在宅サービスか施設サービスを選択し、手続きを行います。
要支援1〜2に認定された方は、市地域包括支援センターで保健師を中心に介護予防プランを作成します。

(5)在宅サービスの場合

在宅サービスの場合は、ケアマネージャー(介護支援専門員)と相談し、ケアプラン(介護サービス計画)を作成します。市に居宅サービス計画依頼届出書を提出します。

(6)サービスの利用開始

サービス提供事業者や介護保険施設と契約を結び、サービスの利用を開始します。

お問い合わせ

保健福祉部 健康福祉課 介護保険係

電話 0244-37-3065


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 介護保険