住宅改修費支給

要介護・要支援の方が生活しやすいように住宅を改修する場合に、申請により改修費用の9割わたは8割を支給します。支給限度額は、生涯で20万円です。

介護度が3段階以上変更になった場合、または転居により新しい住所地での改修が必要となった場合は、再度申請することができます。

支給対象

それぞれの事由に係る附帯工事を含みます。

▽手すりの取り付け
▽段差の解消
▽滑りにくい床材に変更
▽引き戸などの扉やドアノブの取替え
▽和式便器から洋式便器への取替え

手続き

工事前と工事完了後に審査を受けてください。事前審査を受けずに工事が完了した場合は、原則として支給対象になりません。

工事前の事前審査に必要な書類

▽介護保険居宅介護(予防)住宅改修費支給申請書  
▽住宅改修が必要な理由書(ケアマネージャー作成)
▽工事費見積書
▽住宅改修後の完成予定の状態がわかるもの(工事前の写真・図面)
▽住宅の所有者の承諾書

工事後の審査に必要な書類

▽住宅改修後の完成後の状態を確認できるもの(工事後の写真)
▽領収書(被保険者名のもの)
▽住宅改修完了届

お問い合わせ

保健福祉部 健康福祉課 介護保険係

電話 0244-37-3065


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 介護保険