第5期高齢者福祉計画・介護保険事業計画

計画の基本理念

「生涯現役社会をめざし みんなでつくる 安らぎのまち」

介護保険制度は、平成12年度にスタートしてから15年が経過しますが、年々要介護者が増加し、それに伴い保険給付費が増大する状況に対応した改正が行われながら、国民の老後の生活の安心を担い続けています。一方で介護保険制度は、高齢者が介護を必要とせず、元気で生き活きと自立した生活を送ることができることを目指し、平成18年4月に予防重視型へ転換されました。
平成26年度の制度改正では、要支援者等の高齢者の多様な生活支援のニーズに地域全体で応えていくため、予防給付の訪問介護及び通所介護について、全国一律の基準に基づくサービスから、地域の実情に応じて、市町村が効率的かつ効果的に実施することができる「介護予防・日常生活支援総合事業」に移行することとされました。
本市においても、介護が必要になったときに手厚いサービスを提供するという従来の視点からだけではなく、自立支援の観点から予防サービスを重視し、個々の状態に応じた多様な予防サービスの充実を図り、すべての高齢者が健康で自立した生活を送り、生きがいを持ちながら安心して過ごせる地域社会の実現を目指してまいりました。
生涯現役社会とは、高齢者が健康で自立した生活を送り続けることができること、元気で自立している高齢者が少し助けの必要な高齢者のサポートを行うこと、さらに例え要介護状態となっても、できる限りその人が有する能力や機能を生かしながら、住み慣れた地域で質の高い、その人らしい生活を送ることができる社会と定義します。
市では、少子高齢化や核家族化、さらには地域コミュニティの希薄化に起因する、高齢者を取り巻く様々な社会的な不安や問題を緩和・解消するために、団塊の世代が後期高齢者となる平成37年に向け、医療、介護、介護予防、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される地域包括ケアシステムの体制づくりを行い、「生涯現役社会をめざし みんなでつくる 安らぎのまち」の実現に努めてまいります。


計画内容は下記のPDFファイルをご覧ください。

全110ページ一括(PDF3.16MB)

表紙〜目次(PDF434KB)
第1章(PDF171KB)
第2章(PDF74KB)
第3章(PDF680KB)
第4章(PDF242KB)
第5章(PDF129KB)
第6章(PDF166KB)
第7章(PDF839KB)
第8章(PDF166KB)
第9章(PDF109KB)
第10章(PDF87KB)
資料編(PDF205KB)

お問い合わせ

保健福祉部 健康福祉課 介護保険係

電話 0244-37-3065


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 介護保険