子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨を見合わせます

「子宮頸がん予防ワクチン」接種については、平成25年4月1日から定期の予防接種として実施していますが、子宮頸がん予防ワクチン接種において、ワクチン接種との因果関係は不明なものの重い副反応の報告があることから、積極的な勧奨を差し控えるようにとの通知がありました。

これを受けて、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、定期接種の中止ではなく継続するものの、積極的な接種の勧奨を差し控えることになりました。

子宮頸がん予防ワクチンの接種ついては、有効性と接種による副反応について十分に理解した上で、接種を受けるかどうかはご検討ください。
接種を希望される場合は、今まで通り、定期接種として受けることができます。

子宮頸がん予防ワクチン接種の有効性と接種による副反応の詳細については、厚生労働省「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(リーフレット)」をご覧ください。

厚生労働省のリーフレット(PDF 805KB) >>

問い合わせ先

保健センター(電話35-4477)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 健康・福祉 > 子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨を見合わせます