経営状況

相馬市農業集落排水事業経営戦略

農業集落排水事業は、相馬市が経営する企業(地方公営企業)として位置付けされています。そのため特別会計を設けて経理を行い、適正な経費負担区分を前提とした独立採算制により運営することが義務付けされています。
 地方財政をめぐる厳しい状況を踏まえ、公営企業については、平成32年度までに経営戦略の策定を通じ、経営基盤強化と財政マネジメントの向上を図ることが求められています。
 経営戦略は、公営企業が将来にわたって安定的に事業を継続していくための中長期的な経営の基本計画です。

相馬市農業集落排水経営戦略(PDF 409KB) >>

相馬市農業集落排水事業経営比較分析表

公営企業が経営の現状や課題を的確かつ簡明に把握するため、経営及び施設の状況を表す経営指標を活用し、経年比較や他の自治体との比較、複数の指標を組み合わせた分析を行えるようにしたものです。

平成27年度 相馬市農業集落排水経営比較分析表 (PDF 226KB) >>
平成26年度 相馬市農業集落排水経営比較分析表 (PDF 228KB) >>

前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 暮らし > 農業集落排水 > 経営状況