合併浄化槽設置整備事業補助金制度

合併処理浄化槽は、トイレの排水だけでなく、台所や風呂などの生活雑排水もあわせて処理する浄化槽です。
市では、生活排水による松川浦などの公共水域の水質汚濁を防止するため、合併処理浄化槽を設置する方に、設置費用の一部を補助金として交付しています。
単独処理浄化槽は、トイレの排水のみを処理する浄化槽で、生活雑排水は未処理のまま家庭から排出されるため、公共水域の水質汚濁の原因となっています。単独処理浄化槽を利用している方は、合併処理浄化槽への切り替え設置をお願いします。

補助対象地域

下水道計画予定区域以外と農業集落排水計画予定区域以外の区域が対象です。

下水道と農業集落排水の整備予定区域内でも下水道整備が困難な場所は、補助の対象となる場合があります。詳しくは、下水道課にお問い合わせください。

対象要件

▽建築家屋が恒常的に使用される住宅用であること。(店舗併用住宅は住宅部分が1/2以上)
▽当該年度に合併処理浄化槽を設置し、かつ維持管理する方
▽当該年度に合併処理浄化槽を設置した住宅を購入し、かつ維持管理する方
▽市税を滞納していない方
▽販売目的の住宅でないこと
▽集合住宅(アパート・下宿など)でないこと

補助金額(予定額)

▽5人槽以下=33万2千円
▽6〜7人槽=41万4千円
▽8〜10人槽=54万8千円
▽10人槽以上=54万8千円(平成21年4月1日より)

撤去費用の加算

単独浄化槽またはくみ取り便槽を撤去する場合には撤去費用の一部を設置に係る補助金に加算して交付します。

▽単独浄化増 4万5千円
▽くみ取り便槽 3万円

補助金の申請から交付まで

申請から交付までの手続きは次のとおりです。 浄化槽設置業者が手続きを代行することもできます。

工事の契約

工事施工業者と契約を結びます。

補助金交付申請

申請書類を市へ提出します。

▽補助金交付申請書
▽浄化槽設置届出写し、誓約書写し
▽工事請負契約書写し
▽工事見積書写し
▽住民票(市外の方は現住所の住民票)
▽完納証明書(市区町村税などの滞納がないことが分かる証明書)
▽債権者登録申請書

書類審査

申請内容の審査を行います。

工事着手〜完成

工事完成報告

工事完成後、報告書類を市へ提出します。

▽実績報告書
▽工事請求書
▽浄化槽維持管理業務委託契約書
▽浄化槽法第7条検査申込書の写し
▽保証登録証(市町村用)
▽施工写真
▽住宅購入者は住民票(補助金申請時と住所が異なる方)
▽使用開始報告書

検査

申請のとおり完成しているか検査を行います。

請求書提出

補助金交付請求書を市に提出します。補助金は口座振込みとなります。

書類・記入例

補助金交付申請書
ワード形式(35KB)PDF形式(11KB)記入例(PDF形式11KB)

債権者登録申請書
ワード形式(75KB)PDF形式(106KB)記入例(PDF形式111KB)

実績報告書
ワード形式(20KB)PDF形式(13KB)記入例(PDF形式15KB)

補助金交付請求書
ワード形式(19KB)PDF形式(13KB)記入例(PDF形式14KB)

申請・問い合わせ先

下水道課 維持係(電話37-2166)


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 暮らし > 合併浄化槽 > 合併浄化槽設置整備事業補助金制度