相馬市産業廃棄物埋立処分場の規模拡張事業(※)における
「環境影響評価方法書」の縦覧 及び 住民説明会の開催 について

(※)▽事業者:相馬市▽事業実施場所:相馬市光陽3丁目3番地の1

事業内容

本事業は、相馬市産業廃棄物埋立処分場の嵩上げ工事を行うものです。 現在の日本のエネルギー需給は、原子力発電の依存度を可能な限り低減する流れの中、再生可能エネルギーが電力コストを押し上げる要因となっており、電力コストの抑制と電力構成のバランスを保つ一つの方法として石炭火力発電の必要性が以前に増して高まっています。

そのため、排出される石炭灰の処理先として相馬市産業廃棄物埋立処分場の容量の増加を行うものです。現在の埋立終了の高さは6.0mであり、9.0mへ嵩上げする工事を実施することで、約150万m3の容量の増加が図られる見込みです。

環境影響評価(環境アセスメント)とは

環境影響評価とは、事業者が、事業を実施する前に、その事業が環境に及ぼす影響について調査・予測・評価を行い、その結果を公表し、住民の皆さんや学識経験者、関係する行政機関などから意見を聴き、それらを踏まえてその事業を環境保全上より望ましいものとする仕組みです。

「環境影響評価方法書」の縦覧

「環境影響評価方法書」は、環境影響評価の適切な方法を選定するために、事業者が住民の皆さんなどから環境保全の見地からの意見をお伺いし、必要に応じて見直しを行ない、調査・予測・評価の方法を決定づける重要な段階です。 「環境影響評価方法書」は、以下のとおり縦覧できます。

○場所:▽福島県庁 生活環境部 環境共生課(西庁舎八階)
     ▽相双地方振興局 県民環境部 環境課
     ▽相馬市役所 民生部 生活環境課 環境公園係
     ▽新地町役場 町民課

○期間:平成29年12月7日(木)から平成30年1月17日(水)まで

○時間:午前8時30分から午後5時15分まで(閉庁日を除く)

住民説明会の開催

「環境影響評価方法書」について、以下のとおり説明会を開催します。

○日時:平成29年12月13日(水)午後6時から
○場所:相馬市復興交流支援センター(相馬光陽サッカー場内クラブハウス)

意見書の提出

環境保全の見地から、意見をお持ちの方は書面に住所、氏名、ご意見(意見の理由を含む)を記入の上、縦覧場所に備え付けております意見書箱に投函いただくか、平成30年1月31日(水)までに問い合わせ先へメール、郵送または直接持参ください。

 

「環境影響評価方法書」(PDF 87.29MB) >>

「環境影響評価方法書 要約書」(PDF 8.66MB) >>

「環境影響評価方法書のあらまし」(PDF 2.70MB) >>

意見書の様式(word 19KB) >>

問い合わせ先

民生部 生活環境課 環境公園係
〒976-8601 相馬市中村字北町63番地の3
▽電 話 0244-37-2142
▽メール m-seikatsu@city.soma.lg.jp


前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 環境・ごみ・リサイクル > 「環境影響評価方法書」の縦覧 および 住民説明会の開催