ストップ・ザ・レジ袋

地球にやさしい"ふくしま" ストップ・ザ・レジ袋

ストップ・ザ・レジ袋リーフレット福島県内で、省資源化や地球温暖化対策のため、事業者・消費者団体・行政の三者が協働してレジ袋の削減に取組む協定を結びました。

この協定により、6月1日から県内183店舗(既に協定を締結しているいわき市、喜多方市を加えると190店舗)で、レジ袋の無料配布を取り止め(有料化)、マイバッグなどの持参を呼びかける「地球にやさしい"ふくしま"ストップ・ザ・レジ袋」が始まります。

買い物には、マイバックを持って出かけましょう。

ストップ・ザ・レジ袋リーフレット(PDF形式60KB)

レジ袋の無料配布を取り止める店舗

県内すべての無料配布取りやめ実施店舗の確認は、福島県ウェブサイトをご覧下さい。また、実施店舗にはポスター・のぼりが掲示されます。

福島県「ふくしまの環境」  http://www.pref.fukushima.jp/hozen/

県内の年間レジ袋使用量

▽年間使用量 5億枚(県民一人換算250枚)

▽仮にレジ袋5億枚が削減されると・・・
9,150キロリットル(=ドラム缶200リットルで45,750本相当)の石油が節約され、さらに2万5千トンのCO2削減効果があります。これは森林の二酸化炭素吸収量約2,000ヘクタール分(179万本)に相当します。

お問い合わせ

生活環境課(電話0244-37-2143)

前のページへ戻る

ホーム > 市民便利帳 > 環境・ごみ・リサイクル > ストップ・ザ・レジ袋